読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懸想文

国語講師 吉田裕子のエッセイ、歌舞伎観劇メモ、古典作品や長唄・端唄の現代語訳など

『源氏物語』五十四巻の一行要約 あらすじを把握したい方のために

古典 源氏物語 読書メモ

源氏物語』54帖を概観できるよう、各帖のあらすじを1行でまとめました。 

 

  1. 桐壺 光源氏の誕生。母・桐壺更衣は帝のの他のきさき達からの嫉妬で病死。
  2. 帚木 光源氏17歳。ライバル頭中将らと恋愛談義。中流の人妻・空蝉との恋。
  3. 空蝉 空蝉宅に忍び込む光源氏だが、逃げられ、継娘・軒端荻を抱いて帰る。
  4. 夕顔 頭中将の元妻・夕顔と恋人になるが、夕顔は物の怪に襲われて急死。
  5. 若紫 初恋の人である義母・藤壺を妊娠させる。藤壺の姪・若紫を引き取る。
  6. 末摘花 頭中将と張り合いながら常陸宮の姫君を手に入れるが、不美人だった。
  7. 紅葉賀 父・桐壺帝と藤壺の子が誕生するが、実は光源氏との子である。
  8. 花宴 夜中、宮中で朧月夜と恋に落ちる。彼女が皇太子妃になる計画が破談。
  9. 葵 正妻葵上が男児出産。恋人の六条御息所の生霊で葵上急死。紫が妻に。
  10. 賢木 父・桐壺院が死に、藤壺は出家。朱雀帝の愛する朧月夜との関係が露見。
  11. 花散里 昔の恋人・花散里に会う。恋愛感情は最早ないが、話すと落ち着く存在。
  12. 須磨 朧月夜の件などで罰を受けそうになった光源氏は、自ら須磨に謹慎する。
  13. 明石 須磨から明石へ移動。滞在した家の娘・明石の君は光源氏の子を妊娠。
  14. 澪標 光源氏帰京。藤壺との子が冷泉帝として即位。明石の君が娘を出産。
  15. 蓬生 末摘花の家を偶然通りかかる。健気に自分を待ち続けた彼女に感動。
  16. 関屋 逢坂の関でたまたま空蝉と再会し、文を交換。夫の死後、空蝉は出家。
  17. 絵合 養女としていた六条御息所の娘が、頭中将娘と中宮の座を競い、勝利。
  18. 松風 明石の君が上京。三歳の娘を引き取って、正妻格の紫の上に育てさせる。
  19. 薄雲 藤壺が亡くなり、悲しむ光源氏。冷泉帝は自分の出生の秘密を知る。
  20. 朝顔 朝顔の宮に求婚。高貴な姫君なので、紫の上は自らの立場を不安視。
  21. 少女 長男夕霧と幼馴染み雲居雁の恋を、頭中将が引き裂く。六条院造営。
  22. 玉鬘 夕顔と頭中将の娘で、母の死後孤児となっていた玉鬘が光源氏養女に。
  23. 初音 六条院の華やかな正月。二条院には空蝉・末摘花を引き取っている。
  24. 胡蝶 玉鬘は多くの貴公子から恋文をもらう。光源氏も実は心惹かれている。
  25. 螢 異母弟・螢兵部卿宮に対し、蛍の光で玉鬘の姿を見させる演出をする。
  26. 常夏 和琴を習い始める玉鬘。一方、頭中将の娘、近江・雲居雁はだらしない。
  27. 篝火 玉鬘は親切な教育に感謝しているが、添い寝してくる光源氏には困惑。
  28. 野分 台風で壊れた六条院を見舞った夕霧は、義母・紫の上に一目惚れする。
  29. 行幸 玉鬘の境遇が実父・頭中将に知らされる。裳着の儀。冷泉帝の尚侍に。
  30. 藤袴 玉鬘の素性や出仕のことが知れて、玉鬘に求婚していた男達は戸惑う。
  31. 真木柱 強引に玉鬘を奪っていった髭黒。本妻が嫉妬に狂い、実家に帰る。
  32. 梅枝 明石の姫君が成長し、盛大な裳着の儀が開催される。
  33. 藤裏葉 夕霧たちの結婚が認められる。皇太子妃となる明石の姫君は実母と再会。
  34. 若菜上 女三の宮が光源氏に降嫁し、紫の上は動揺。柏木が女三の宮を垣間見る。
  35. 若菜下 紫の上が病み、光源氏は看病の日々。柏木が女三の宮を妊娠させる。
  36. 柏木 女三の宮は柏木の子である薫を産み、出家してしまう。柏木も衰弱死。
  37. 横笛 夕霧は、亡き柏木の妻・落葉宮から遺品の笛を預かり、光源氏に渡す。
  38. 鈴虫 出家した女三の宮の面倒も見る光源氏。冷泉院と対面し、感慨に浸る。
  39. 夕霧 夕霧は、落葉宮に惹かれていく。雲居雁は嫉妬で実家に帰ってしまう。
  40. 御法 紫の上の病は悪化。出家を希望するが、叶わないままに亡くなる。
  41. 幻 紫の上の死に悲嘆に暮れる光源氏。彼女の手紙も燃やし、出家を決意。(この後に「雲隠」。光源氏の死を暗示する巻名だけが伝えられ、本文が存在しない。)
  42. 匂宮 光源氏の死から時が経ち、子孫の時代へ。若き薫と匂宮が活躍する。
  43. 紅梅 頭中将の息子・紅梅大納言は、夕霧と張り合い、長女を皇太子妃に。
  44. 竹河 子だくさんな玉鬘。髭黒の死後、後見を欠いた息子・娘は苦労の日々。
  45. 橋姫 薫は仏道の縁で宇治の八の宮と知り合う。娘を垣間見て大君に惹かれる。
  46. 椎本 八の宮は「軽々しい結婚はするな」と遺言して死。姉妹を世話する薫。
  47. 総角 大君に迫り拒絶された薫。妹の中の君を匂宮に紹介する。大君は死ぬ。
  48. 早蕨 宇治だと遠くてなかなか会えないので、匂宮は中の君を京都に迎える。
  49. 宿木 薫が中の君に求愛するが、途中で断念。中の君は匂宮の子を産む。
  50. 東屋 中の君は薫に、異母妹の浮舟を紹介。薫は浮舟を宇治の隠し妻とする。
  51. 浮舟 匂宮も浮舟に通う。2人の板挟みに悩んだ浮舟は、入水自殺を図る。
  52. 蜻蛉 行方不明の浮舟の葬儀を行う。落ち込む2人だが、またすぐ恋に走る。
  53. 手習 浮舟は横川の僧都に助けられていた。男女の仲の煩わしさに出家をする。
  54. 夢浮橋 浮舟が尼になったことを知った薫は文を送るが、返事はなかった。

 

この1行要約は以前こちらの本を書いた際にまとめたものです。(絶版となってしまったようですが、中古でお求めいただくことができます。)


源氏物語』は、それぞれの巻の情報量の差が大きいため、こうした企画のご提案をいただかない限り、自分で、各巻同じように要約することはなかったと思います。字数の制約が大きく大変でしたが、面白く、貴重な挑戦の経験でした。


源氏物語を知りたい

源氏物語を知りたい

 

 

なお、吉田裕子による『源氏物語』の入門講座はこちらにて。

www.sankeigakuen.co.jp