読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懸想文

国語講師 吉田裕子のエッセイ、歌舞伎観劇メモ、古典作品や長唄・端唄の現代語訳など

尾上右近さん「研の會」2016年8月6日 仮名手本忠臣蔵・船弁慶

歌舞伎観劇 仮名手本忠臣蔵 船弁慶 国立劇場 尾上右近 市川染五郎 中村米吉
f:id:infinity0105:20160807182652j:image
 

尾上右近さんの勉強会「研の會」、初日を観に行きました。

 

仮名手本忠臣蔵」の五段目・六段目を見るのは、尾上松也さんが勘平に挑戦した新春浅草歌舞伎(2015年)以来。

 

あのとき、斧定九郎を見て、坂東巳之助さんに一目惚れしたのでした。なんと、今日の斧定九郎はなんと市川染五郎さん……! ごちそうですねぇ。色気のある悪役、とてもお似合いでした。

 

この作品で勘平を演じた尾上右近さんの名演はもちろんなのですが、右近さんの三つのお役の中で一番印象に残ったのは、船弁慶平知盛でした!

 

七月の歌舞伎座で、色気むんむんの織姫様とおさめさんを見せてくれた翌月に、あんな、気魄に満ちた平知盛を見せてくださるのだから、歌舞伎役者というものの振り幅よ!

 

最後、幕外での笛や締太鼓と真剣勝負をするかのような時間、濃密でした。その前の、染五郎さんの弁慶との戦いの緊迫感もまた良かったです。

 

こうした大役を演じながら、公演全体のプロデュースも(とっても忙しい本公演の合間に)やってしまうのだから、尾上右近さん(24歳!)はすごいなー、と。

 

なお、パンフレットには、昨年の舞台写真に、今回のこしらえでのスチール写真、さらには、尾上右近さん・中村米吉さん・中村種之助さんの楽しそうな座談会記事4ページ。

 

最終ページには、来年の研の會が、8/27・8/28に開催される旨の告知が! また一回り大きくなったけんけんの勇姿が楽しみですねぇ。

 

あと、ミーハーな若手役者ファンとしては忘れられない光景が、幕間の物販。

 

仮名手本忠臣蔵』で、可憐なお軽をつとめ終えた中村米吉さんが、物販にお立ちになっていました。呼び込みも、おすすめも、お上手……! お買い上げのお客さんと記念撮影もなさっていました。

(わたくしは、大の米吉さん贔屓なのですが、逆に、勇気が出なくてダメでした(笑))

 

 

 

 

◆◆追記

 

2日目の物販には、最近はドラマ収録でお忙しい中村隼人さんも駆けつけたそう……! この20代軍団が40歳前後になる頃が本当に楽しみです。

 

 

◆◆皆様のご感想

『第二回 研の會』尾上右近 自主公演 感想まとめ - Togetterまとめ