読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懸想文

国語講師 吉田裕子のエッセイ、歌舞伎観劇メモ、古典作品や長唄・端唄の現代語訳など

(自作短歌)夏色に染まりたる空かすみゆく やさしく夜を迎えなんとす

自作短歌

 

夏色に染まりたる空かすみゆく やさしく夜を迎えなんとす
(なついろにそまりたるそらかすみゆく やさしくよるをむかえなんとす)



夏の空というと、ふつう、こんなイメージ。
f:id:infinity0105:20150805002225j:plain

でも、夕方が近付くにつれ、空の色がやわらかくなっていくような気がする。
f:id:infinity0105:20150805002025j:plain
 
少し優しげな色になった空が、どこか優美に感じられるのは、涼しくなったおかげで、落ち着いて風景を味わえるからか。